芸術という名の名無し


皆さん、芸術が大好きな方も全然好きじゃない方もいらっしゃるでしょう。



芸術というのは、最高水準の無駄
そう表現される方もいらっしゃいます。

はて?そうでしょうか。
さて?そうでしょうか。

それはわかりません。

どうかわかりません。

なぜならわたしは芸術では無いですから。

その答えは芸術に訪ねて下さいな。



さて皆さん トルストイをご存知でしょうか。

彼は小説家であり、芸術に長けた思想家でもあります。

著書の人生論を読んだときには、この方は苦しい中で苦しくない悟りを開こうとしている。
そんな印象を受けた覚えがございます。

戦争と平和
アンナ・カレーニナ

彼の代表作でもありますよね。


そんなトルストイ
実は絵本も出しているのですね。

3びきのくま

何とも可愛らしいタイトルで、絵本って感じですよね。

しかし、面白いのが絵は全然可愛くないってことです。


あー、面白い。
ふー、面白い。


わんさかわんさか。

コメント

このブログの人気の投稿

「岡本太郎と巴里」展

企画展「角野栄子『魔女の宅急便』展―魔女とおばけと―」