投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

知られざる平塚のロケット開発

イメージ
知られざる平塚のロケット開発
会場:平塚市博物館

会期:2016年10月22日~2016年12月18日


平成28年度秋期特別展
「知られざる平塚のロケット開発」を開催します

 平塚市博物館では、平塚の海軍火薬廠から始まった日本の固体ロケット技術の変遷を辿る特別展を、平成28年10月22日(土)~12月18日(日)に開催します。
 日本のロケット技術は戦後ゼロから始まったと広く知られていますが、戦前の平塚にはロケット推進薬の開発・生産拠点となった海軍火薬廠がありました。火薬廠ではロケット推進薬の成形技術が開発され、日本の固体ロケット技術の基礎になりました。この技術は戦後、日本の宇宙開発の父である東大生産技術研究所の糸川英夫教授に受け継がれ、ペンシルロケットからカッパ4型ロケットに至るまでの日本のロケット開発黎明期を支えました。平塚では現在も、企業や大学を中心に各種ロケット用製品や次世代のロケット技術が生み出されています。
 本展示では、第1章で今日まで残された研究ノートや論文を紐解き、火薬廠におけるロケット開発の歴史を振り返ります。第2章では戦後、火薬廠から糸川教授にどのように技術が渡ったのか、ロケット技術の変遷を概観します。第3章では、株式会社横浜ゴム、株式会社日本特殊塗料、株式会社日本ムーグにご協力いただき、現在の平塚市で製造されているロケット製品を紹介します。また、東海大学、神奈川大学にもご協力いただき、学生が取り組んでいる新しいハイブリッドロケットを紹介します。 平塚市HPより。




色々な方が出展されておりまして、こういったものは純粋にワクワク楽しめそうで良いですよね。



学生の方々が切磋琢磨して、たくさんの夢を乗せて開発された新型のハイブリッドロケット

これは見ものですよね!




私達、Artlessについて。

 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。


ArtlessHPはこちら。
http://artless.jp/

重要文化財指定記念 まるごと氷川丸展

イメージ
重要文化財指定記念 まるごと氷川丸展

会場:日本郵船歴史博物館

会期:2016年07月16日~2016年12月25日



氷川丸は私自身、かなり縁の強い文化財で 毎日前を通るので、毎日見ている船です。

こういった形でピックアップされることは人事のようには感じられない なんとも歓喜に満ちた気持ちになっております。







私達、Artlessについて。
 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。

ArtlessHPはこちら。 http://artless.jp/

横須賀の古墳時代—古墳はだれがつくったか—

イメージ
会場:横須賀市自然・人文博物館

会期:2016年10月29日~2017年02月05日



◎展示種別:企画展示

◎展示名:企画展示「横須賀の古墳時代―古墳はだれがつくったか―」

◎開催期間・開催日:2016年10月29日(土) ~ 2017年2月5日(日)
◎時間:9:00~17:00
◎観覧料: なし
◎開催場所:本館特別展示室







私達、Artlessについて。
 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。

ArtlessHPはこちら。 http://artless.jp/

生誕120年記念 牧野信一の心象風景

イメージ
会場:小田原文学館

会期:2016年10月15日~2016年12月04日

通称【ギリシア牧野】の幻想世界に是非触れて頂きたく思います。

郷里小田原の土地や人をモチーフにした「吊籠と月光と」、「ゼーロン」などの明朗で異国的な作風の一連の作品群を発表しています。




私達、Artlessについて。
 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。

ArtlessHPはこちら。 http://artless.jp/

幽玄の美~能面と装束展

イメージ
会場:町立湯河原美術館

会期:2016年10月07日~2016年11月15日



こちらは特別展で御座います。

能面【若女】

世界無形文化遺産に指定されています日本の【能】
演劇としては「世界最古」といわれる日本独自の舞台芸術。





関連イベント

  (1)能楽講座

   能楽師を講師に迎え、衣装の着付けをしながら

   解説をしていただきます。

  10月9日(日)13:30~14:30

  講師 梅若研能会 能楽師

  場所 展示室

  ※お申込み必要、要観覧券

  (2)担当学芸員によるギャラリートーク

  10月30日(日)、10:30~11:00

  場所 展示室

  ※お申込み不要、要観覧券





私達、Artlessについて。
 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。

ArtlessHPはこちら。 http://artless.jp/

アーティストin湘南3 創画会ゆかりの画家たち

イメージ
会場:平塚市美術館

会期:2016年09月24日~2016年11月27日





開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで)
休館日 月曜日(ただし10/10は開館)、10/11
観覧料金  一般400(320) 円、高大生200(160) 円、小中学生無料
       ※( ) 内は20 名以上の団体料金
       ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
       ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
         (年齢・住所を確認できるものをご提示ください)




主催   平塚市美術館

開催日数  56日間 







私達、Artlessについて。
 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。

ArtlessHPはこちら。 http://artless.jp/

松本竣介 創造の原点

イメージ
会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

会期:2016年10月08日~2016年12月25日



ルオーやグオス等からインスパイアされた感性を 自身の作品に投影し、オリジナリティを生み出す松本竣介の展示会
36歳という早過ぎる死を迎えた松本竣介ですが、 モンタージュと呼ばれる技法を使い、作品に様々な息吹を吹き込みました。

そのタッチは何処か懐かしさと、求めている感覚を意識から抜き取っていくような 絵に郷愁を抱き【想像の原点】という認識を是非感じてほしいです。



私達、Artlessについて。
 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。

ArtlessHPはこちら。 http://artless.jp/

収蔵コレクション展 イタリア20世紀美術 巨匠たちの表現

イメージ
会場:光と緑の美術館

会期:2016年09月10日~2016年11月19日





ペリクレ・ファッツィーニ エミリオ・グレコ
作品が展示されております。
巨匠と呼ばれた者達の表現に触れて、週末は芸術の感性を磨く日に。


私達、Artlessについて。

 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。


ArtlessHPはこちら。

http://artless.jp/

L u p e u x おすすめの芸術的音楽

イメージ
L u p e u x
ジャジーでセンチメンタル。小さな子どもとの帰り道のような音楽。




誰しもが皆子供だった頃があり、その頃の記憶
例えば放課後の放送室・何故か遊ぶ友達がその日だけたまたま見つからずに
ふとしたきっかけで一人でぷらりと出かけたときの感覚。

美術室で自分が最後に部屋を出たときの感覚。
ふと飾ってある皆のきたない絵を見ながら、何故か思い出す国語の授業の挿絵。

そういった何気ないもの
気にしてみても気にできない程気にならない感覚。

そういった一瞬を逃さずに音に変換された、わたしにはそういった印象の強いアーティストです。


ジャジーなブラシプレイのドラムにエレクトロニカの中音域が心地よく乗っかってくる。


一言で感想を言うと
【子供の暇な時間に見た大きすぎない想像。】
そんなニュアンスが合う音をくれます。



気になる方は是非調べてみて下さいませ。



私達、Artlessについて。

 Artlessは芸術的なバンドというコンセプトがあり、とくに弊害には縛られることなく活動していきたいと思いますので、へんてこなものがお好きな方や綺麗な世界や情景音楽等がお好きな方であれば、ご満足頂ける可能性も高いと思うので、始動の際は是非一度観にいらして下さい。


ArtlessHPはこちら。
http://artless.jp/